So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

大雨 交通乱れる 神戸で土砂崩れ(産経新聞)

 日本列島は24日午前、日本海上で発達中の低気圧と前線の影響で、四国から近畿にかけて大雨となった。未明から局地的に激しい雨が降り、兵庫県内では神戸市北区で土砂崩れがあったほか、電車の運行中止や高速道路の通行止めが相次ぐなど、交通にも大きな影響が出た。

 大阪管区気象台によると、1時間の降雨量は兵庫県福崎町で41・5ミリ、同県姫路市で35・5ミリなど、各地で5月の観測記録を更新した。24日午後6時までの24時間に予想される雨量は、近畿南部で350ミリ、近畿中部で300ミリ。

 大雨警報に伴い、大阪府北部の小中学校では休校が相次いだ。府教委によると、池田、豊中両市と豊能、能勢両町の計77校が臨時休校となった。また京都府内でも亀岡市などで計83校が休校となった。

府立高教諭を逮捕=女性に下半身見せる―大阪府警(時事通信)
<東京都監察医務院>行政解剖の遺体に「かんし」置き忘れ(毎日新聞)
「農水相がゴルフ」報道 TBSが「取材不十分」と謝罪(産経新聞)
カビ混入、「ボルヴィック」43万本を自主回収(読売新聞)
<諫早干拓>長崎地裁の裁判官3人が現地視察(毎日新聞)

水漏れで高浜原発4号機が発電停止 関西電力(産経新聞)

 関西電力は12日、調整運転中の高浜原発4号機(福井県高浜町)で、発電機の冷却に使う水素ガスの冷却器4台のうち、1台で水漏れが見つかり、点検と補修のため発電を停止したと発表した。水に放射性物質は含まれていない。

 関電によると、同日午前、冷却器に冷却水を送る配管の弁の継ぎ手から1秒に3滴程度、水が漏れているのが見つかった。修理には4台すべての給水を止める必要があり、発電を停止した。

【関連記事】
MOX2回目製造開始 関電、高浜原発で使用 福井
原発新時代“現場魂”再び
関電新社長の八木氏 原子力重視の経営にシフト
広がるプルサーマル発電 四国電力も稼働へ
福井・高浜原発2号機で放射性ガス漏れ
少子化を止めろ!

参院宮城に民主県連幹部=渡辺氏「勇気ある議員続出を」―みんな(時事通信)
<パロマ中毒事故>対象製品所有者らに注意 消費者庁(毎日新聞)
「ザク」が組み体操!? マニア心くすぐる笑えるフィギュア(産経新聞)
全国初適用、廃棄物の冷蔵庫輸出未遂容疑で業者らを再逮捕(産経新聞)
4銘柄で利益1000万円超=あおぞら銀元行員を告発−監視委(時事通信)

<陸山会事件>石川議員「形式犯」主張 毎日新聞単独取材に(毎日新聞)

 小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入を巡る政治資金規正法違反事件で起訴され、民主党を離党した石川知裕衆院議員(36)=北海道11区=が10日、毎日新聞の単独取材に応じた。東京第5検察審査会が小沢氏を「起訴相当」と議決したことについて「パーティーや個人献金の額は報告したが、細かいことはしていない」と述べ、小沢氏の関与を否定。自身の虚偽記載は「ゼネコンからの闇献金は含まれていない」などとして「形式犯」との認識を示した。

【毎日動画】石川知裕議員単独インタビューの動画

 検察審査会は、04年分の収支報告書提出前に、小沢氏に報告や相談をしていたとの石川議員の供述を、共謀の「直接的証拠」と指摘していた。石川議員は「短い時間で端的に報告したが、それをもって(小沢氏が虚偽記載を)分かっていたという判断は先に進み過ぎている」と批判。「収支報告書に載せるかどうかはいちいち相談していない」と、自身の判断だったと強調した。

 一方、土地購入で中堅ゼネコン「水谷建設」から収支報告書に載っていない資金提供があったとの疑惑は「事実無根」と全面否定。虚偽記載は形式犯だとして「正しくはないが、悪質性が高いものではない」と主張した。

 動機は「会計知識が足りなかった。犯意を持ってやったことではない」としつつ、「公判にかかわるので、詳しいことは答えられない」と明言を避けた。

 また、小沢氏の資金管理団体の陸山会が活発な土地取引をしていたことについては「おかしいことではない。陸山会は土地取引で資産を増やしたわけではなく、賃貸で数百万円もするなら買った方がいい」との認識を示した。【田中裕之】

【関連ニュース】
違法献金事件:「訴因変更」で立ち往生 大久保元秘書公判
起訴相当議決:小沢氏に説明求める声拡大
小沢幹事長:「起訴相当」議決…石川議員「ノーコメント」
小沢幹事長:「起訴相当」議決…地元で「当然」の声も
小沢幹事長:「やましいことはない」…会見で辞任を否定

【アートカレンダー】「ルーシー・リー展」東京・六本木 国立新美術館(産経新聞)
もんじゅ 国際標準化へ先手 米仏と協力、追う中印(産経新聞)
公務員法修正案を提出=公明(時事通信)
子どもの人口、1694万人=29年連続で減少−総務省(時事通信)
「県警に行って」無賃乗車の男を現行犯逮捕(読売新聞)

京急線生麦駅の変電施設から煙、1600人が線路上を歩き避難(産経新聞)

 17日午後2時20分ごろ、横浜市鶴見区の京浜急行生麦駅に隣接する同社変電施設の信号用変圧器から煙が出ているのを作業員が見つけ、119番通報した。消防隊員が放水し午後3時15分ごろ、煙はおさまったが、信号などに送電できなくなった。このため、京急線は横浜−京急川崎間で午後2時55分ごろから運転を見合わせ、約3時間後の午後5時55分ごろ再開した。

 この影響で、駅間に停車した電車3本の乗客約1600人が線路上を歩いて最寄り駅まで避難するなどした。けが人はなかった。

 京急によると、変電施設で焼けたのは変圧器だけで、ほかに被害はなかった。京急と鶴見署が出火原因を調べている。

【関連記事】
相模鉄道の車掌が2年半キセル 磁気定期を不正操作
京急で龍馬めぐり、旅行冊子を発行
「2」が5つ並ぶ日に記念入場券 京急電鉄
苦しいときの神頼み 受験、就職…“験担ぎ”事情
2時間半閉じ込め、あふれる乗客「疲れた、もう帰る」 JR横須賀線車両故障

コンビニトイレに乳児遺体=札幌(時事通信)
山崎さん、19日に帰還=機体検査、問題なく−米シャトル(時事通信)
中国毒ギョーザ 警察庁で日中情報交換会議(毎日新聞)
平松市長「大阪都は時代錯誤。橋下知事は敵いないと燃えぬ」(産経新聞)
「彼氏の気を引きたくて…」 虚偽の“拉致通報” 覆面パト接触事故(産経新聞)

富士通役員らを提訴…投資会社、名誉棄損で(読売新聞)

 富士通の野副州旦(のぞえくにあき)元社長の辞任問題に関連し、「反社会的勢力との関係が疑われる」とされ名誉を傷つけられたとして、投資会社「サンドリンガム・プライベート・バリュー」と同社の代表ら2人が15日、富士通の秋草直之相談役、間塚道義会長ら3人を相手取り、3億3000万円の損害賠償と謝罪広告の掲載を求める民事訴訟を東京地裁に起こした。

 投資会社は「報道等を通じて著しい社会的評価の低下が生じ、業務に多大な支障を来すことになった」と主張している。富士通は「訴状を見ていないので、コメントできない」としている。

<改正貸金業法>政府 6月18日の完全施行を決定(毎日新聞)
<雑記帳>猿撃退に虎のぬいぐるみ 愛知・岡崎(毎日新聞)
<愛知・豊川の家族5人殺傷>ネット回線再解約が引き金に(毎日新聞)
天皇、皇后両陛下 宝塚歌劇を鑑賞(毎日新聞)
<日医連>民主単独推薦を検討…参院比例、執行部内に反対も(毎日新聞)

長野の一家3人死体遺棄、4人を逮捕(読売新聞)

 愛知県西尾市の資材置き場で、行方不明になっていた長野市の男性ら一家3人とみられる遺体が見つかった死体遺棄事件で、長野県警は15日未明、男性が実質的に経営する会社の従業員、長野市真島町真島、伊藤和史容疑者(31)ら4人を死体遺棄容疑で逮捕した。

 発表によると、4人は共謀し、西尾市南奥田町の資材置き場で3人を埋めた疑い。

 遺体で見つかったのは、長野市真島町真島、自営業の金文夫さん(62)=通称・金沢文夫=と、男女各1人で、県警は行方不明になっている金さんの長男夫婦とみて、身元確認を急いでいる。

ニコン、「Wiiの間」とYouTubeで動画コンテンツ配信
<社民党>北マリアナ下院議長、テニアン移設歓迎 照屋氏(毎日新聞)
技術協力へ連携強化=温暖化対策で中国高官と会談−環境相(時事通信)
糖尿病領域の活動強化でビジネスユニット創設―サノフィ・アベンティス(医療介護CBニュース)
中国地震 氷点下の被災地 広がる喪失感 「孫はもう…」(毎日新聞)

【高速道路新料金割引】上限料金、NEXCO系は軽1000円から大特1万円(レスポンス)

高速道路の新料金割引の上限料金が次のように決まった。上限料金は全時間帯で、現金とETCの利用区別なく適用される。また、現在の上限1000円のように、都市部と地方部を分けて料金を加算せず、どこまで走っても上限料金までの請求とする。

関連画像:前原国交相

●NEXCO系高速道路など
軽自動車 1000円
普通車  5000円
中型車  5000円
大型車  5000円
特大車  1万円

●本州四国連絡高速道路
軽自動車 2000円
普通車  3000円
中型車  5000円
大型車  5000円
特大車  1万円

本州四国連絡高速道路が割高なのは、フェリーなどの船舶交通に配慮したもの。

時間帯割引などは基本的に廃止するが、NEXCO系高速道路と本四の「時間帯割引」と全高速道路で実施されている物流業者への「大口・多頻度割引」については、激変緩和措としてについて、2011年3月まで継続する。

継続される「時間帯割引」は、NEXCO系高速道路と本四で夜8時から朝6時まで実施されている「夜間割引」と、NEXCO系の地方部の高速道路で実施されている朝6時から同9時・夕方5時から同8時までの「通勤3割引」。「夜間割引」については、現行の5割引から3割引に割引率が引き下げられる。

《レスポンス 中島みなみ》

【関連記事】
【高速道路新料金割引】現金とETCの割引区別なし
「参院選2人擁立、その条件に今あるのか」前原国交相
高速道路無料化 とまどう高速道路会社
国土交通省 特別編集
NEXCO西日本 西日本高速道路 特別編集

子ども手当「外国人に590人分支給」 「まったくのデマ」で騒ぎに(J-CASTニュース)
独禁法違反の課徴金、過去最高の360億円(読売新聞)
携帯かゆみ・虫刺され薬「プチウナコーワα」を新発売―興和(医療介護CBニュース)
「孤独死」問題で介護予防の体験学習―淑徳大(医療介護CBニュース)
<桜自慢>1位は青森、2位奈良、3位京都…気象会社調査(毎日新聞)

銀座にカーネーションの花壇(産経新聞)

 東京・銀座のスクランブル交差点前に6日、約90品種5千本の国産カーネーション畑が出現し、道行く人の目を楽しませている。

 色や形の多様さといった魅力をアピールし、来月9日の母の日のプレゼントに選んでもらおうと、日本花き生産協会カーネーション部会が企画した。

 銀座に突然現れた花畑に、通り掛かった人は次々と足を止め、笑顔で眺めたり、携帯電話のカメラで撮影したりしていた。期間は今月11日まで。

【関連記事】
お見舞いに花持ち込み禁止、和歌山県立医大病院
桜開花予想ハズレ…森田氏、頭下げる「大目に見てください」
花見シーズン「桜に取りつかれる日本人」 外電報じる 
京都で季節外れの雪 桜との共演を堪能
アンズの里で花が満開 広島県福山市
「けむりの行方は? 受動喫煙論争」

与謝野元財務相 新党結成で合意 平沼元経産相代表就任へ(毎日新聞)
ため池で発見の3歳女児、病院で死亡確認(読売新聞)
アフガン邦人記者不明「誘拐は承知」官房長官(読売新聞)
<与謝野・平沼新党>鳩山邦夫氏外れる 5人で発足(毎日新聞)
2年間で230回=インド洋給油・給水(時事通信)

介護人材の養成の在り方で議論―厚労省検討会が初会合(医療介護CBニュース)

 厚生労働省は3月29日、「今後の介護人材の養成の在り方に関する検討会」の初会合を開催した。今後、介護福祉士の資格取得要件に加わる「600時間養成課程」や長期的なキャリアアップの仕組みなどについて議論していく。

 介護福祉士の資格取得の選択肢では、3年以上の実務経験があれば国家試験が受けられる「実務経験ルート」があったが、2012年度からは600時間以上の養成課程が義務付けられる。しかし、この課程が負担になっているといった声や介護分野の離職率の高さ、人手不足の状況を踏まえ、人材の質と量的な確保も両立できるよう、検討会では現状に即した介護福祉士養成の在り方や、介護職の長期的なキャリアの在り方について議論することになる。
 具体的には、▽介護人材育成の基本的な方向性▽介護現場の現状把握と介護職員に期待される役割▽「実務経験ルート」における養成課程(600時間課程)▽介護福祉士と他の研修制度との関係―などについて夏ごろまでに議論を行い、その後は引き続き介護人材のキャリアアップの仕組みの具体的な在り方を議論していく予定だ。
 この日、事務局からは、介護職員基礎研修を受けた人が介護福祉士を目指す「基礎研修ルート」について、基礎研修(標準は500時間)の履修に加え、「600時間課程」と基礎研修の重複部分を除いた280時間の課程を行えば、国家試験が受けられるという案が示された。
 また、介護福祉士のほか、介護職員基礎研修、ヘルパー2級の各資格の役割分担があいまいなことや、資格取得が必ずしもキャリアアップに結び付いていないこと、初任職員、中堅職員、施設長・リーダーのそれぞれの段階で人材を養成するための論点が示された。施設長・リーダーの段階については、07年の「社会福祉士及び介護福祉士法」改正の附帯決議で示されている介護福祉士の上位職「専門介護福祉士」(仮称)も論点の一つに挙げられている。

 その後の意見交換では、「(資格に対する)処遇がどこかで担保されていないと、なかなか前に進まない」「取ったら、それに見合った役割が与えられるような資格でなければ意味がない」といった根本的な問題点や、「はっきりとキャリアラダーが見えるようでなければ人は集まらない」などの意見が出された。
 山井和則政務官は「600時間の研修で給料がどれだけ上がるのか、どれだけ新しい仕事ができるようになるのですかという疑問がそもそもある」とし、「一歩間違うと、介護福祉士ではない介護職員はたんの吸引はできるけれども、介護福祉士ができないという逆転現象も起こり得るかもしれない」と指摘。
 また以前、杉村太蔵前衆院議員から、「(600時間の課程が新たに加わることで)お金もあまりないけれど、介護福祉士になりたいという人の夢が遠のくのではないか」という質問を国会で受けたことが記憶に残っているとし、委員に対して「今の時代にマッチした結論を出していただければありがたい」と述べた。


【関連記事】
介護職員処遇改善交付金のキャリアパス要件を決定―厚労省
キャリアアップシステムの導入で報告会―全老健
人材確保・定着で情報交換会―東社協
介護職員処遇改善交付金の申請率は80%に―厚労省
介護職員の処遇改善、資格を含む制度全体の再設計を

雑記帳 謎の組織が食べ歩きラリー 大分・別府(毎日新聞)
<下妻市長選>前副市長の稲葉氏が初当選 茨城(毎日新聞)
桜田門外の変 150年の和解法要…水戸、彦根市長が参列(毎日新聞)
神奈川の男性2人不明=中央アルプス宝剣岳−長野県警(時事通信)
参院比例にプロレスラー=国民新(時事通信)
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。