So-net無料ブログ作成

<アルコール>分解能力を調べるスピード検査法を開発(毎日新聞)

 兵庫県西宮市の武庫川女子大薬学部の木下健司教授(56)=ゲノム機能解析学=が、毛根やだ液を用いて従来より数倍早くアルコールなどの分解能力を調べる検査法を開発し、特許を申請した。体質的に酒に強いか弱いか、アルコール依存症や二日酔いなどになりやすい体質かどうかなどの判断が早くできる。血液からDNAを抽出するなどの手順が不要で、検査費用は従来の10分の1の約500円で済むという。

 アルコールや、その分解過程で生成されるアセトアルデヒドの分解が遅い人は依存症や二日酔いに注意が必要。こうした差は遺伝子のタイプに左右されるため、検査で遺伝子タイプを知ることで、予防につながる。

 木下教授は「費用の安さから普及が見込め、個人に合わせたオーダーメード治療の進展につながる」と期待している。【津久井達】

【関連ニュース】
フォーラム:アルコール・薬物依存症克服へ 都内で20日
フォーラム:アルコール・薬物問題を考える 東京・砂防会館で20日
なにわ人模様:大阪市断酒連合会会長・水谷守さん /大阪
フォーラム:依存症患者の家族支援を 西原理恵子さんら体験談−−千代田 /東京

<水戸女性死亡>自宅のこたつで73歳窒息死 事件性を捜査(毎日新聞)
民主公約は破綻=菅氏の消費増税論議発言に−自民総裁(時事通信)
<防衛脱税事件>秋山被告の公判が結審 3月29日に判決(毎日新聞)
無職少年「沙耶さんの姉狙った」…石巻3人殺傷(読売新聞)
<点滴事件>裁判員裁判は異例の2週間に 我が子3人死傷(毎日新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。